ママのお守り|葉酸のサプリで母子共に健康になれる

避妊薬で女性の悩みを解決

女性

経口避妊薬

ピルは経口避妊薬として知られており世界中の女性が使用しています。ピルの中には女性の体内にある女性ホルモンと非常によく似たホルモンが配合されています。この配合容量の違いで高容量、中容量、低用量の3種類に区別されています。低用量ピル以外は子宮の病気の治療に用いられています。女性は、脳からの指令によって月経の周期に合わせ卵巣から女性ホルモンが分泌され妊娠するための準備をします。ピルを服用することで脳に勘違いさせ卵巣からの女性ホルモンを止めさせ妊娠の準備ができない状態にしてしまいます。これが避妊薬の仕組みで低用量ピルには99%以上の避妊効果があるといわれています。低用量ピルは太るというイメージを持つ方もいますが、そのような副作用はありません。

避妊以外の嬉しい効果

経口避妊薬はその高い効果から人気がありますが、大阪の女性の間では避妊以外で利用する方が増加しています。低用量ピルには、月経前症候群、生理痛の改善や子宮体がんの予防、ニキビなどの肌荒れを解消する効果があるからです。月経前症候群は、生理が始まる1〜2週間ほど前から起こる症状のことで生理が始まると症状が消えてしまうのが特徴です。生理前になるとイライラや下腹部痛、便秘などの症状がある方は低用量ピルを服用することで解消されます。また、生理が始まってから感じる痛みや吐き気などの症状も改善することができます。生理になるとニキビができるという方にも有効です。これらの症状は女性ホルモンバランスの乱れによるものなので、ピルがホルモンバランスを整えてくれるので症状が解消されていくのです。大阪では梅田や大阪駅周辺にレディースクリニックがあり、通勤やショッピングのついでに通院することができ便利な立地となっています。大阪ではピル専門外来を持つ婦人科もありますので相談してみましょう。